FC2ブログ

プロフィール

頓田囃子七五三太

Author:頓田囃子七五三太
-------------------

 生涯“にわかファン”…どうせ“通”にはなれない。
 「わかって無ぇ」と言われればその通り。

 …だから、許してください(^^;
 明らかな間違いは、優しい心でご指摘くださいm(__)m

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ご訪問者数

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

電力使用状況&電気予報

検索フォーム

リンク

QRコード

QRコード
【2012年4月20日 八王子いちょうホール 爆笑!特撰花形落語会 柳家喬太郎・三遊亭白鳥二人会】

 大ホールでの開催だったが、どうも後ろ方の席はチケットを出さなかったものと思われる。

 それにしても、ここんとこ、ホール落語ばっかりだなあ…。



・開口一番:柳家緑太『やかん』
・三遊亭白鳥『明日に向かって開け』
<仲入り>
・太神楽:翁家勝丸
・柳家喬太郎『死神』


 緑太さんの『やかん』は、良い意味で前座らしくて好みであった。
 元気で滑舌も良く、合戦シーン(?)がポンポンポーンと響いてくる。1月に聴いた『たらちね』はキャラの描き方がちょっと私の趣味と合わなかったが、今回は心地よく聴かせていただいた。


 白鳥師匠、「喬太郎・白鳥の二人会に来るお客さんというのは、何が目当てなのか…って、楽屋で話をしてたんですよ」と。
 で、どういう客層だと判断したのかわからないが、『明日に向かって開け』。
 
 何となく「もしも銀行の金庫が喋ったら…」という発想から作った噺のようにも感じるが、内容は“落語”のパロディ。
 宮戸川や芝浜といった古典落語のネタ(「バールのようなもの」という言葉がくり返されたが、これが志の輔落語ネタなのか清水義範ネタなのか報道でしばしば使われる表現をネタにしたのかその全てなのかは不明)、扇子や手拭いを色々な物に見立てるネタがガンガン織り込まれている。内容も人情噺のパロディだし、何よりもサゲはいわゆる“仕草落ち”を思いっきり極端にしたもの。

 …なのではないか?

 そんな落語ネタに大爆笑が起きていたので、白鳥師匠の客層の判断は大正解だったわけである。
 いや~、面白かった。



 勝丸さんは、例によって…って今回が2回目だが、失敗するかもしれないオーラとでもいうべき雰囲気が漂っていて、ハラハラ・ドキドキ感は太神楽や曲独楽の芸人さんの
中でもピカイチ。鏡味仙三郎社中の皆さんだと失敗しそうもない感じがするのに。
 場に合わせた喋りの上手さもああるし、アドリブ性が強い芸人さんなのかもしれない。
 


 喬太郎師匠、喉の調子が悪かった模様。
 こういう「その人本人じゃないとダメ」で、しかも個人でやってる仕事ってのは大変だなあ。
 私もフリーだが、基本的には在宅勤務なので少しぐらい体調が悪くても何とかなってしまう。仮に何日か寝込んだとしても納期さえクリア出来れば良いので気楽なもの。それに、同業で仕事を欲しがっている人は沢山いる…つまり代わりはいくらでもいるからクライアントも特に私である必要はあんまり無いし(←それでいいのか?)
 でも、『柳家喬太郎・三遊亭白鳥二人会』に柳家喬太郎が出なかったらシャレにならないもんなあ。


 しかし、『死神』というチョイスは意外というか何というか。
 だって、この会は『爆笑!特撰花形落語会』でなんである。どう考えても爆笑系の噺では無い。それに、仕草落ちという部分で白鳥師匠とカブるし。

 本日の呪文は、『明日に向かって開け』のキャラを受けて「アジャラカモクレン ブラック・ジョーカー レフト甚五郎」。

 で、少なくとも私がこれまでに聴いた喬太郎版『死神』では“今、消えたばかりのロウソク”のシーンでは最近亡くなった実在の人の名前を哀悼の意を込めて登場させるのが恒例。
 昨年9月14日の鈴本では柳家さん助師匠(9月9日・没)、今年2月17日の銀座ブロッサムではホイットニー・ヒューストン(2月11日・没)だった。

 さて、今回は。

 男「この、今消えたばっかりのロウソクは誰の寿命ですか?」
 死神「荒木しげるだ」
 男「はあ?」
 死神「仮面ライダーストロンガーだ。特捜最前線にも出ていた」
 
 4月14日に亡くなった、俳優の荒木しげるさんである。
 失礼ながら最近亡くなった方だったら、安岡力也さんのようにもっとメジャーな方もいらっしゃるわけであるが、そこは喬太郎師匠のこと、ストロンガーだった。
 個人的には原口智生監督の『デスカッパ』で荒木さんがストロンガーの宿敵・ジェネラルシャドーの声を演じた柴田秀勝さんと共演したことが印象深い…いや、そういう話では無くて。


 
 しかし、ホール落語は事前にチケットを確保してあるので予定を組んで「行くぞ」と出かけているが、寄席はその時その時の都合&勢いと顔づけが自分の趣味とマッチしないとなかなか行かない。

 せっかく都内に住んでいるので、もっと寄席に行きたいんだけど、本当は。

にほんブログ村 演劇ブログ 落語へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : 落語 - ジャンル : お笑い

| ホーム | 柳家喬太郎『抜け雀』…などなど >>

コメント

おじゃまします。

私もこの日に行きました。白鳥さんの着物がすてきでした。ジュディーオングもびっくりですよね。
以前はスポーツウエアのような白三本線でした。

L列20番。会場ど真ん中でしたが前席の人のハンチング帽がじゃまでじゃまで仕方がありませんでした。いっそのこと居眠りをして欲しかったです(笑)

死神は聴きたかった噺だったので幸運でした。
後半はだんだん怖くなってドキドキしました。

月曜日は喬太郎さんの井戸の茶碗をにぎわい座で聴いたんですが咳をしていました。
心配ですね。

Re: おじゃまします。

>順姐さんさま

 ご訪問&コメントありがとうございます。

> L列20番。会場ど真ん中でしたが
→あ、私もお近くの席におりました。

> 死神は聴きたかった噺だったので幸運でした。
> 後半はだんだん怖くなってドキドキしました。
→そうなんですよね…。毎回あの演技力に圧倒されます。

> 月曜日は喬太郎さんの井戸の茶碗をにぎわい座で聴いたんですが咳をしていました。
→私も喫煙者なのであんまり言えないんですが、師匠には喉を大事にしていただいて、もっともっと元気な声で活躍していただきたいと思っております。

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム