FC2ブログ

プロフィール

頓田囃子七五三太

Author:頓田囃子七五三太
-------------------

 生涯“にわかファン”…どうせ“通”にはなれない。
 「わかって無ぇ」と言われればその通り。

 …だから、許してください(^^;
 明らかな間違いは、優しい心でご指摘くださいm(__)m

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ご訪問者数

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

電力使用状況&電気予報

検索フォーム

リンク

QRコード

QRコード
【2012年2月25日 GALLERY&BARノラや 午後のノラ茶話会その45~寄席囃子教室の巻】

 寄席囃子の恩田えりさんのトークライブ…と言って良いのかな?


 とにかく、私にとって寄席囃子というのは落語以上に知らない世界だし、このノラやさんでの催しは常連の方が多いようで思いっきりアウェイな心持ち。
 しかしながら、同じノラやさんがやっているHACOにしても、20人程度の観客でその時間を独占できるというのは大変な贅沢なわけである。

 前回の恩田さんの“寄席囃子教室”は、うっかり予約をしそびれてしまったが、今回はバッチリ。


 春の歌を1曲披露してから、楽屋噺などを交えつつ今月出版されたばかりの『お囃子えりちゃん寄席ばなし』(イースト・プレス)執筆に至るまでの顛末を語る。
 独特の口調が何とも面白い。とても裏方として三味線を弾いている方とは思えない…って、同書を読んだら何とM-1グランプリに出てたりもしてたんですな。


 続いて、開演前に観客が書いたリクエスト・メモから、何と全員(21人)ぶんのリクエストに応えて出囃子を披露。
 もちろん修業の賜物なんだろうけど、数多の噺家さんの出囃子の“曲をマスターする”ことと“噺家さんと一致させる”ことと“噺家さんの間(ま)にピタリと合わせる”というのは、私の脳ミソからは信じ難いことである。

 諸般の事情で…ホントに諸般の事情で敢えて演らなかった曲もあったが、バシバシとリクエスト曲を弾いてくれた。


 こういう時にどんなリクエストをするのかというのは、常連でない私には難しい。
 とはいえ…幸いなことに…私が知っている出囃子はほとんど無いので、考えてもしかたがないわけだが。
 他の皆さんも現役の…それも中堅や若手の噺家さんの出囃子をリクエストしていた方が多かったので、あんまり気を遣うこたぁ無かったのかな?


 スモーク・オン・ザ・ウォーターをリクエストした方がいてびっくりしていたら、立川談笑師匠が使ったりしてるらしい。いや~知らなかった。三味線による♪デッデッデー、デッデッデデー…なんて、なかなか聴けるもんじゃない。


 ショックだったのは、あの林家しん平師匠が出囃子を変えてしまったという情報。
 特撮ファンなら押さえておきたい噺家であることは言うまでもないが、出囃子が『阿波踊り』ってのも私にはツボだったんである。
 ところが、最近になって“噺家らしい”出囃子に変えちゃったんだとか。

 しかし、せっかく場所が高円寺という関東での阿波踊りのメッカということで、恩田さんはしん平師匠の新旧の出囃子を演奏してくれた。阿波踊りの“替え手”とも呼ばれる弾き方をなさっていたのはさすがである。



 リクエスト・コーナーが終わると、今度は観客参加による『春はうれしや』のコーナー。オリジナルの♪春はうれしや二人して…に続く歌詞を観客が考えるんである。

 考えると言っても、アレだ。

 子どもの頃に「いつ」「どこで」「だれが」「どのように」「どうした」というのをみんながバラバラに作って、偶然に出来る“変な文”を楽しむという遊びをやったことがあるが、それと同じ。

 7ヶ所に分けて1ヶ所について3人ずつが作るので、一応“候補”は3つあるが、順番は決まっている。
 恩田さんが各所3つの候補からうまいこと選んでまとめるんである。 

 最終的にどんな歌詞になったのか正確に覚えていないのだが、何と“高円寺のノラやで、恩田さんが酔っぱらって花見酒”という内容に見事につながった。三題噺みたいな感じですな。



 さて、問題のエッセイ『お囃子えりちゃん寄席ばなし』。
 2月17日の銀座ブロッサムでの三人会のときもロビーで販売されていたが、絶対に今回の高円寺でも販売されるだろうと。しかも、その場でサインなどもいただけるだろうと。

 的中。

 おかげさまで、無事にサインをいただいた。

sign


 落語ファンとなって1年チョット…初めてサインを貰ったのがお囃子の恩田さんというのも、なかなか自分らしいなと思う。


 あ、もちろん、本も面白かった。
 ちょっと意外だったのが、須田泰成さんとの対談があったこと。須田さんといえばモンティ・パイソンの権威で、私も何冊か著書を持っている。色んなつながりがあるものだ。

 そうなると、次回はモンティ・パイソンのテーマ曲である『リバティ・ベル』を三味線で聴いてみたくなるよな。

にほんブログ村 演劇ブログ 落語へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : 落語 - ジャンル : お笑い

<< 柳家喬太郎『子別れ』…など | ホーム | 柳家喬太郎『死神』…などなど >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


まとめteみた【落語にわかファンの道】

【2012年2月25日 GALLERY

まとめwoネタ速suru 2012/03/19 22:07

 ホーム