FC2ブログ

プロフィール

頓田囃子七五三太

Author:頓田囃子七五三太
-------------------

 生涯“にわかファン”…どうせ“通”にはなれない。
 「わかって無ぇ」と言われればその通り。

 …だから、許してください(^^;
 明らかな間違いは、優しい心でご指摘くださいm(__)m

カレンダー

12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ご訪問者数

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

電力使用状況&電気予報

検索フォーム

リンク

QRコード

QRコード
【2012年1月28日 よみうりホール よってたかって新春らくご'12ー21世紀スペシャル寄席ONEDAYー(夜)】


 子どもの頃にしばしば『木馬座』の着ぐるみ人形劇を観に行ったホールである。
 つまり、私が子どもの頃からあったわけで。
 公式サイトによれば、1957年オープンとのこと。私より歳上…半世紀以上活躍している。
 てか、公式サイトが思いっきりショボいのが泣かせる。

 もっと泣かせるのは、現在はビックカメラとなっている建物(かつては有楽町そごうだった)に入ってから7階のホールに向かうエレベーターが混んでなかなか乗れないこと。新宿バルト9と良い勝負か。

 さらに泣かせるのは、このキャパ1,100人という洋式便器のような(春風亭一之輔・談)形状の客席の便座部分…2階席…から舞台までの距離が遠くて、噺家さんたちの姿がこ~んなに小さかったこと。

 そもそも、ホール落語はプロセニアムとの対比で噺家さんが小さく見える。

 キャパ600人あたりが上限かなあ…。
 
 改めて今月7日に行った『川柳川柳親子会』は贅沢だったと感じる。キャパ20ちょい。

 

・前座:柳家緑太『垂乳根』
・春風亭一之輔『短命』
・桃月庵白酒『井戸の茶碗』
<仲入り>
・春風亭百栄『疝気の虫』
・柳家喬太郎『按摩の炬燵』


 イイ感じにアンバランス感が漂う顔ぶれな気がする。

 色んな意味で中心人物は一之輔さん。
 3月下席からの真打昇進披露興行を控え、そのチケットを自らロビーで売るわ先輩からマクラでいじられるわ今日が誕生日だわ…。




 緑太さんの垂乳根、何かお千代さん(?)がお高くとまっている女性に見えた。ネギ屋さんが「はは~っ!」とひれ伏してサゲるために敢えてそういう演出にしてあるのかもしれないが、個人的には天然のお千代さんが好き。


 一之輔さんの『短命』、笑った。
 噺家としての“一之輔キャラ”が、大胆なんだか小心者なんだか…ナマイキなんだか控えめなんだかよくわからんというノリで、それが上手く登場人物にマッチしていたような気もする。
 まあ、ご隠居さん、そこまでブチ切れんでもいいじゃないかという印象もあったが、笑わせてくれれば私は全てを許す(笑)

 
 白酒師匠がマクラで一之輔さんをいじっていたら、舞台下手から「そんなに言わなくても…」と一之輔さんが顔を出した。高座でネタにされて“本人登場”というパターンは初めて見た。
 『井戸の茶碗』は、こういう流派(?)があるのか白酒オリジナルなのか、お絹さんと高木佐久左衛門とが事前に顔を合わせるシーンが入っていた。
 正直清兵衛さんが細川の長屋下でメロンパン売りのフリをするというクスグリは、不覚にも笑ってしまった。


 本日の問題作、百栄師匠の『疝気の虫』。
 疝気の虫のキャラなどは、百栄節が活きていて漫画的な面白さというかバカバカしさというか、とにかく楽しめた。
 サゲはどうなんでしょう?
 疝気の虫が別荘を探すところでおしまいというのが一般的な終わり方らしいが、百栄版は「土手に阻まれた」とベタなコトバ遊び的考えオチになっている。
 シュールな百栄師匠が、「別荘は?」と客席や楽屋に訊ねるという演出で終わったらシュール過ぎるのかもしれない。


 喬太郎師匠の『按摩の炬燵』は、私が初めてライブの喬太郎高座を見たときにかかった演目だった(2010年12月17日)。その時よりも、米市さんのキャラが楽しそうだった感じがする。
 演題通り按摩さんを炬燵にしちゃう噺だから、弱い者いじめをしている印象にならないように工夫を重ねている模様。
 「前に観た時より良かった」と感じられるのは、ファンとしても嬉しい。
 だが、最初に観た時には大魔神ネタを入れていたのに、今回は無かった…って、そこかよ、オレ。

 
にほんブログ村 演劇ブログ 落語へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : 落語 - ジャンル : お笑い

| ホーム |


 ホーム  »次のページ